名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限【教養】日本文学春A名古屋 21末松 美咲AW1303

【授業情報】

表示する



講義概要

本講義では、物語文学を中心に、平安時代から江戸時代までの日本の古典文学を扱い、日本古典文学についての基礎的な知識を身につけることを目指します。
講義の進め方として、はじめに日本文学史の流れをおおきく捉えたうえで、各時代の特徴的な文学ジャンルを取り上げます。各論では、毎回具体的な作品・テーマを取り上げ、それがどのように継承され、変貌していったのかを、歴史的・文化的な視点を交えながら読み解いていきます。絵巻や絵本など、文学とビジュアルイメージの関係についても着目しつつ、日本文学の流れを理解し、物語を読む力を身につけます。
 なお本講義は、名古屋学院大学ディプロマ・ポリシーのうち、「知識・技能 1) 人間、社会、文化、自然等に関する幅広い知識を身に付けている。」および「思考力・判断力・表現力 2) 他者に対して、自分の考えを口頭や文章によって的確に伝えることができる。」に関連する科目です。また、カリキュラム・ポリシー「教育内容」の《NGU教養スタンダード科目》「人間・社会・自然・歴史文化・環境・身体・地域に関する科目」に該当します。



【学習到達目標】

・日本文学史のおおまかな流れを把握し、各ジャンルについての基礎的な知識を身につける。
・物語の内容を捉え、当時の文脈に沿って読む力を身につける。
・説話や物語作品の成立・変容について、時代や地域などの背景と結びつけながら考える力を養う。



履修上の注意

講義内で課題を課すことがあります。オンラインの回においては、自分自身で古典文学を読むことを求めます。
また、毎回ミニッツペーパーの提出を課します。

※この授業は、対面(面接)授業と非対面授業を隔週で実施し、非対面授業を、CCSを活用した基本型授業(教材提示・課題提出)で実施します。ただし、諸般の事情により、必要に応じて授業実施方法について変更する場合があります。



【事前準備学習】

次回の授業範囲を予習し、物語のおおまかな内容を把握しておいてください。
そのほか、授業内に適宜指示します。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書講義のなかで適宜プリントを配布します。
参考書講義のなかで適宜紹介します。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

平常点40%、最終試験またはレポート60%の総合評価です。
平常点には講義内での課題を含みます。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1オリエンテーション
2日本文学 概説
3王朝物語(1)-『源氏物語』を読む-
4王朝物語(2)-女性たちの文芸活動-
5軍記物語(1)-『平家物語』を読む-
6軍記物語(2)-『平家物語』の世界-
7説話文学(1)-『今昔物語集』『宇治拾遺物語』を読む-
8説話文学(2)-説話集の世界-
9軍記物語(3)-義経伝承と地域文化-
10室町物語(1)-『浦島太郎』の変容-
11室町物語(2)-文学と芸能-
12室町物語(3)-妖怪絵巻-
13江戸時代の文学(1)-仮名草子/浮世草子を読む-
14江戸時代の文学(2)-浅井了以の活動/井原西鶴の文学-
15授業のまとめ
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-