名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限日本経済入門春A名古屋 21大石 邦弘EK1303

【授業情報】

表示する



講義概要

 経済を見るといっても、どんなデータをどのように見ればよいのか迷ってしまうと思います。この授業では、日本経済の姿を、過去から現在の流れの中で確認することにより、経済学を学ぶ際に必要な経済の見方を学んでもらいたいと思います。
 日本経済に関する統計データは豊富にあり、そのデータの所在と分析の視点をこの講義から学びとって欲しいと思います。
 細かな経済理論は、ミクロ経済学入門やマクロ経済学入門で学ぶことになりますから、この講義では経済を見るとはどんなところに気をつければよいのか、また分析するにはどのような方法があるのか、どのような視点から政策提言を行うのかを感じとって欲しいと思います。



【学習到達目標】

①経済を見る目を養うことができる。
②現代日本経済が抱えている諸問題を把握することができる。
③経済データを入手し、分析する手法を身につけることができる。



履修上の注意

 この授業は、対面授業と非対面授業を隔週で実施し、非対面授業では、TeamsやCCS等を使用します。
 なお、対面授業の際にも、CCSにアクセスするため、スマホもしくはパソコンを持参してください。

*この授業はAチームです。対面・非対面の授業回を別途確認してください。
  また、この授業のチームコードは、「jnt4zds」です。初回の授業には、このコードを利用し、参加してください。



【事前準備学習】

 新聞に目を通す、ニュースをチェックすることで、日本経済でどのようなことが問題となっているのかを知るようになっておいてください。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書教科書は指定しません。配布資料もしくは授業スライドによります。
参考書参考書は、授業の中で随時指摘します。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

授業中の自学自習問題:50%
授業外の宿題:20%
平常試験:30%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1ガイダンス:日本経済を学ぶ意味
2国内総生産 ①名目と実質、成長率
3国内総生産 ②国際比較、県内総生産
4人口 ①少子高齢化、人口減少社会
5人口 ②過密と過疎、限界自治体
6雇用 様々な雇用指標、売手市場、ニート、3年3割
7中間テスト(平常試験)
8物価 インフレとデフレ
9家計 所得格差、貧困率
10産業 産業構造の変遷、国際比較
11政府・中央銀行 財政政策と金融政策
12国際貿易 対外不均衡と貿易摩擦
13戦後日本経済の歩み① 1945年~70年代
14戦後日本経済の歩み② 1980年代~現在
15最終テスト(平常試験)
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-