名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
1限(再)スペイン語1春A名古屋 12重松 由美AV2211

【授業情報】

表示する



講義概要

スペイン語は、世界の数億人が日常的に使っている言語であり、スペイン以外にも中南米などで話されている国際語です。海外では、その実用性の高さから、スペイン語教育が急速に発展しています。
また、日本には約5万人の中南米出身者が住んでおり、ここ東海地方には多くの集住地域があることから、教育や医療分野でのスペイン語習得に対する関心が高まっています。「スペイン語1」はスペイン語の基礎を習得するクラスであり、スペイン語の発音に慣れ、基本的な挨拶表現と現在時制を用いた自己表現ができるようになることを目的とします。



【学習到達目標】

スペイン語の発音と基礎的な文法事項(現在形)を学ぶことを目的とします。特に口頭での練習問題を繰り返し行い、基礎的な会話力を身に付けていく予定です。



履修上の注意

この授業は、対面授業と非対面授業を隔週で実施します。非対面の授業はTeamsを使用し、基本型授業(教材提示や課題提出)で行います。
【Teamsの招待コード】us7jdzn



【事前準備学習】

次回の授業に出てくる単語の意味を調べてくること。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『彩りスペイン語』 辻博子 朝日出版社 2021
参考書『ポケットプログレッシブ 西和・和西辞典』 高垣 敏博 小学館 2003
『プログレッシブ スペイン語辞典〈第2版〉カレッジエディション』 鼓 直 小学館 2016
電子辞書も使用できます。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

期末テスト50%、中間テスト30%、平常点20%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1アルファベット、発音、アクセント
2簡単な挨拶表現、数字
3名詞の性と数
4冠詞
5形容詞
6主格人称代名詞、動詞ser
7否定文、疑問文
8疑問詞(1)
9直説法現在 規則活用動詞
10疑問詞(2)
11接続詞、頻度表現
12指示詞
13所有詞
14曜日、日付の表現
15時間表現
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-