名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
5限【教養】国際関係論春A名古屋 21鈴木 是生AO1303

【授業情報】

表示する



講義概要

国境を越えるヒト・モノ・カネが飛躍的に増大しグローバル化が進みつつある一方、”異質な人びと”への差別や排除あるいは国境を跨ぐ対立・紛争も深刻化している。そうした世界の今日的課題とはなにか――越境を強いられる人びとの姿を中心にネイションの〈境界〉を考えていく。

まず、ネイションの境界を画定し国民国家の建設と統合を促す最大の要因を戦争に据え、権力政治的な国際秩序の構築・再編のなかで排除されてきた難民について論じる(ホロコーストとパレスチナ難民)。

つぎに、再び注目されている移民への差別やアメリカでの「人種主義」など、国民国家システムの視点から現代世界への課題について検討していく。



【学習到達目標】

「ネイション」「エスニシティ」「ディアスポラ」など、人びとのまとまりを括る〈境界〉がいかに成立してきたのか――基本概念の把握とともに、国民国家の成り立ちを理解することを目標とする。また、多様な文化的歴史的背景をもつ人びとの共存のあり方を考えながら世界への視野を広げ、国際社会のあるべき姿を展望すること。



履修上の注意

時間厳守。



【事前準備学習】

提示されたレジュメ・資料(プリント)を中心に予習・復習すること。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書-教科書は、登録されていません。-
参考書-参考書は、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

・課題(平常点):10%×5回
・最終回のレポート課題=50%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1プロローグ;国際関係のなかのネイション
2ネイションとは何か①;○○人/○○文化とはなにか
3ネイションとは何か②;主権的国民国家とはなにか
4ネイションとは何か③;なぜネイションは対立するのか
5世界戦争とネイション①;戦争とシステムとしての憎悪
6世界戦争とネイション②;戦後秩序と難民の創られ方
7ディアスポラ/難民①;ユダヤ人とホロコースト
8ディアスポラ/難民②;イスラエル=パレスチナ紛争――ホロコーストとナクバ
9ディアスポラ/難民③;イスラエル=パレスチナ紛争――四つの中東戦争
10映像から考える難民問題①;前半
11映像から考える難民問題②;後半
12冷戦後の人道的介入と人権①;国際正義論の歴史と現在
13冷戦後の人道的介入と人権②;人道的介入論と国際社会
14冷戦後の人道的介入と人権③;保護する責任と国際社会
15エピローグ;冷戦後の人権と排外主義を考える
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-