名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限政治経済学秋A名古屋 22阿部 太郎EK2312

【授業情報】

表示する



講義概要

 この講義では、歴史的な視点から資本主義経済の特徴と現状について学ぶ。現代には様々な問題があるが、資本主義の特徴を知ることが問題をより深く捉える助けとなる場合がある。この講義を受けることによって、経済学部で学ぶことの意味を受講生一人一人が見つけてくれれば幸いである。
 講義内容は、まず人間と自然との関係から始め、資本主義経済の特徴について理論的な考察を行う。次に、その理論的な視点を基に、貧困などの具体的な問題について学ぶ。その際、より身近な問題として、名古屋地域のホームレス問題も取り上げる。
 本講義は、ディプロマポリシーの主に「経済社会に関する関心と基本的理解」「経済社会を洞察するための能力」に関連している。また、CCSを用いた議論を行うという点で、カリキュラムポリシーのICTを用いた教育に対応している。
【COC地域志向科目】



【学習到達目標】

資本主義経済の特徴を理解すること。
理論と歴史の関係を理解し、経済学の全体像を把握すること。



履修上の注意

正解があるような講義ではないので、興味をもったことは自ら積極的に調べることを希望する。
なお、講義内容が変更になる場合がある。
遠隔授業:CCSを活用した基本型授業(教材提示・課題提出)で実施します。
ただし、諸般の事情により、必要に応じて授業実施方法について変更する場合があります。



【事前準備学習】

普段から新聞をよく読んでおくこと(目安:1日30分)。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『資本主義がわかる経済学』 阿部太郎他 大月書店 2019
参考書『経済学』 置塩信雄他 大月書店 1988
『日本経済がわかる経済学』 菊本義治他 桜井書店 2007
『資本論 (まんがで読破)』 バラエティアートワークス イースト・プレス 2008
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

目安:平常点30%、期末試験70%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1はじめに
2資本主義を理解するために
3再生産,剰余,社会的分業
4賃金と利潤
5利潤と資本蓄積
6国家と貨幣制度
7市場の機能とその限界
8生産・雇用の決定
9経済成長と景気循環
10財政・金融政策
11外国貿易と為替レート
12グローバル化と国民経済
13名古屋地域のホームレス問題
14新自由主義
15おわりに
16定期試験期間


【リンク】

個数リンク名称リンクURL
1
2
3
4
5
6
7
8
9