名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
5限まちづくり学春A名古屋 21澤田 景子AR1301

【授業情報】

表示する



講義概要

本講義では「減災福祉まちづくり」をテーマに学習します。

今後発生が予想される南海トラフ地震や大型台風・集中豪雨に対し、
災害をできるだけ減少させるまちづくりの取り組みである「減災まちづくり」と
社会的に弱い立場にある人々への日常的な取り組みである「福祉まちづくり」を併せ持った
「減災福祉まちづくり」への理解を深めます。

本講義は、「減災福祉まちづくり」に求められる様々な知識・視点・方法について、以下の3部で構成しています。

➀災害・減災に関する基礎知識
 過去の災害史、地域における災害リスク、減災対策など

➁減災福祉まちづくりの視点
 まちづくりの概念や歴史、、福祉とボランティア、要配慮者(高齢者や障害者、妊産婦など災害時特に配慮の必要
 な方たち)への支援の在り方など

③減災福祉まちづくりの展開
 まちづくりの主体や手法、減災福祉まちづくりの実践事例など

※教員の実務経験:社会福祉士

※実務経験をいかした教育内容:
長年、福祉や医療の現場でソーシャルワーカーとして従事した経験を活かし、福祉の視点を取り入れたまちづくりの実践について、実務的な事例などを取り入れた講義を行います。



【学習到達目標】

減災福祉まちづくりの体系的な基本学習を通じて、日常的な減災まちづくりへの取り組みや要配慮者に必要な配慮や支援(福祉)といった基本を理解できる人材を育成することを目標とします。



履修上の注意

非常に身近なテーマであり、他人事ではなく自分のこととしてとらえ、発災時にどう行動するか常日頃考えていることが重要です。そのためには、住んでいるところ、通学ルート、大学及びその界隈がどういう状況になっているのか、情報を持っていてください。
専門用語が授業中に出てきますので、不明の言葉の意味を調べるなどして、理解を深めておいてください。
※本講義では、災害時や被災地の写真、映像などを用いることがあります。
※受講生全員の学習機会を守るため、担当者講義中の私語は禁止します。



【事前準備学習】

下記の参考文献や日常的にテレビ・新聞・雑誌で本テーマとかかわる記事やニュースを入手しておいてください。そうすると講義の理解も深まります。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書-教科書は、登録されていません。-
参考書『避難所運営の知恵袋 改訂版』 レスキューストックヤード編著 2019
『人が死なない防災』 片田敏孝 集英社 2012
『人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学』 広瀬弘忠 集英社 2004
『三連動地震迫る』 木股文昭 中日新聞社 2011
『まちづくりの方法』 日本建築学会編 丸善出版株式会社 2004
『防災福祉のまちづくり―公助・自助・互助・共助―』 川村匡由 水曜社 2017
『災害ソーシャルワーク入門―被災地の実践知から学ぶ』 上野谷加代子監修 中央法規出版 2013
『高齢者福祉施設におけるBCP策定ガイドライン(震災偏)』 齋藤實 東京都社会福祉協議会 2012
『災害福祉とは何か―生活支援体制の構築に向けて』 西尾祐吾他編著 ミネルヴァ書房 2010
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

各回、授業で学んだことを記述するレポート、MinutePaper、小テスト、その他指示した課題により、評価します。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
11: ガイダンス―減災福祉まちづくりとは何か―
22: 災害史から学ぶ(地震編)
33: 水害史から学ぶ(水害編)
44: 南海トラフ地震について
55: 南海トラフ地震の被害想定
66: 人はなぜ逃げないのか
77: 減災に向けた行政の取り組み
88: 地域における共助の力
99: 減災に向けた企業の取り組み
1010: 減災と福祉
1111: 減災福祉とまちづくり①まちを分析する
1212: 減災福祉とまちづくり②まちの将来像を構想する
1313: 避難生活を考える
1414:災害ボランティアの活動と役割
1515: 減災福祉まちづくりの実践
1616: 定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-