名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
4限聖書学秋A名古屋 22北垣 創AC2301

【授業情報】

表示する



講義概要

この講義では、個々の文学作品を通して文学とは何か、言葉とは何かを考えていきたい。優れた文学作品は、それぞれ独自の仕方で我々にいろいろな問題を考えさせてくれるが、その中には、たとえば聖書のような、宗教的な言語が伝えようとすることがらと相通じる、あるいは重なりあうところがあるように思われる。というのは、文学も、宗教も、人間と、人間がそこに生きている世界のありようを探求する営み、ということでは同じだからである。それらが共鳴する声に耳を傾けることによって、言葉が我々に喚び起こすものがどのようなものなのかを考えたい。



【学習到達目標】

・それぞれの作品の読解を通して、そこに描かれている世界や人間の姿を捉え、それらが我々に何を問いかけているのかを具体的な言葉として表現する。
・それらの問いに対して、各自がどのように応えるのかを考え、具体的な言葉として表現する。



履修上の注意

・授業は、主に、音声のついたパワーポイントで行いますが、補足資料にも必ず目を通してください。
・毎回の授業でCCSに課題をアップロードします(リアクションペーパー、小テスト、小レポートなど)。未提出が出題回数の3分の1以上になると失格とします。初回の授業で課題を行う際のルールを説明しますので、それを守ってください。



【事前準備学習】

日頃から、宗教や文学に対する関心をもって、ニュースやトピックを見つけ、自分がおもしろいと思うこと、考えたいと思うことが何かを具体的なかたちで探求してください。
受講後は、その回の授業内容を自分なりにまとめ、それについての自分の考えを文章にしてください。また、その過程でわからないことや新たな疑問が出てきたら、次回の授業時に質問してください。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『『聖書(新共同訳)』』 日本聖書協会
参考書-参考書は、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

平常点(リアクションペーパー、小テスト、小レポートなどの提出)50%、期末レポート50%。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1イントロダクション(宗教を学ぶ意味、文学とは何か)
2器としての言葉
3器の破壊と修復
4現実とは何か
5神の名前
6神話的思考
7モノとココロ
8有形と無形の循環
9生きるための物語
10「イサク奉献」をめぐって
11現代における生命
12イエスの譬え話
13他者に言葉を届けるために
14隣人として生きる
15文学と宗教
16期末レポート


【リンク】


-リンクは登録されていません-