名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限国際経済学入門春A名古屋 22黒田 知宏EK2303

【授業情報】

表示する



講義概要

 国際経済学の入門として,最低限必要な事項を幅広く説明します.
そもそも国際経済学はヒト,モノ,カネの国際的な流れに注目した学問です.
扱われるトピック(国際経済問題)もとても幅が広くなります.
現代では多くの新聞記事の中にこうした問題を見つける事ができるでしょう.

 国際経済学で扱うべき主要な問題(分野)をいくつかに類型化するならば,
(1)自由な交換・取引からの利益は?
(2)貿易パターンの決定は何によって決まるか?
(3)保護主義と貿易政策の効果
(4)国際収支の決まり方と不均衡
(5)為替の相場制度と相場の決定
(6)財政金融政策,国際政策協調
(7)国際的な資本の流れ
のようにまとめられるでしょう.

 これらの問題を扱う為に,国際経済学には2つのアプローチ:
・財やサービスの実物取引を扱う,国際貿易理論
・資本取引を含む対外マクロ経済を扱う,国際マクロ(金融)理論
が用意されています.

 この国際経済学入門という講義では,とりわけ上記の2つの理論の対象または前提となるような,現実の経済を詳細な例を題材にして眺めます.
その際に,皆さんの頭の中で特に意識してもらいたい事は
・身の回りのものがどこの国で作られたものなのか
・最近の素材価格の高騰に興味を持つ
・国際経済の制度の移り変わりと世界の歴史
・食料自給率とは?
といった事柄です.

 厳密で詳細な理論(考え方)は秋学期開講の展開科目,国際経済学にて展開されます.
この入門科目を履修した学生は是非とも国際経済学も合わせて履修する事を強く薦めます.

この科目は、経済学部のディプロマポリシー(DP)のうち、知識と技能(1)経済社会が抱える様々な課題に対する関心と問題意識(2)経済学の基礎的専門知識や分析ツールの2つを身に付けさせることを目的としています。また、カリキュラムポリシー(CP)の教育内容に記載されている「学科基幹科目」の一つです。



【学習到達目標】

国際経済にまつわる以下の誤解を打破する事
・自由貿易により経済は打撃を受けてしまうのか
・国内産が良くて外国産は良くないのか
・輸出が増えると良くて,輸入が増えると悪いのか



履修上の注意

静粛な受講を妨げる行為に対しては厳格な態度で注意する.
説明を聞かず,ノートを取らず,出席目的だけの学生は単位が取れない.
宿題を出題することがある.

並行履修推奨科目 : ミクロ経済学1・2,マクロ経済学1・2,国際経済学1・2

関連科目 :  国際金融論,金融論,経済政策論,現代経済学,欧米経済論

現実の国際経済から目を離さない為にも,新聞を読むこと.
現実の経済問題と国際経済学との関係について考えること.



【事前準備学習】

新聞の1面だけで構わないので毎日欠かさず読んでおきましょう。
講義中に課題を出すことがあります。次の週までに解いてくること。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書-教科書は、登録されていません。-
参考書『国際経済学をつかむ[第2版]』 石川城太,菊池徹,椋寛 有斐閣 2013
『サクッとわかる図解国際経済のしくみ』 清野一治監修 PHP文庫 2005
『入門・国際経済学』 石井安憲,清野一治他 有斐閣 1999
『ゼミナール国際経済入門 改訂第3版』 伊藤元重 日本経済新聞社 2005
『グローバル・エコノミー【新版】』 岩本武和他 有斐閣アルマ 2007
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

試験の点数と提出される課題内容を総合して評価する。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1【ガイダンスと準備】--- 世界貿易の現状,日本経済とのかかわりhttps://goo.gl/forms/VOrBI1QFEdXGC8693
2【Ⅰ.国際貿易】--- 絶対優位と比較優位:国際競争力に関する誤解https://forms.gle/Um55TsCUZCYVwdHo8
3--- 産業内貿易:東アジアの生産ネットワークhttps://forms.gle/xYvt3hbjX8SpPXoc8
4--- 多国籍企業と海外直接投資:生産拠点の国際化
5【Ⅱ.貿易体制】--- 国際貿易体制の変遷,GATT/WTO の3原則
6--- 自由貿易からの利益:直観的な説明,FTAとは
7--- 自由貿易の制限:関税政策の実情https://www.wto.org/english/res_e/statis_e/daily_update_e/tariff_profiles/JP_e.pdf
8--- 自由貿易の制限:少数の利益VS多数の損失
9--- 余剰分析:輸入需要曲線による貿易利益,関税の分析
10【Ⅲ.通貨体制】--- 国際通貨体制の変遷,貿易取引と通貨取引の関係
11--- 戦前通貨制度の概観:金本位制と購買力平価(PPP)
12--- 戦後通貨制度の概観:固定相場制から変動相場制へ
13--- 国際収支表の見方:経常収支(貿易サービス収支、第1次・第2次所得収支),金融収支の内訳https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/preliminary/pg2018fy.htm
14--- 経常収支と為替レート
15--- 最新の国際経済トピックの解説
16定期試験期間


【リンク】

個数リンク名称リンクURL
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15