名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
4限聖書と人間春A名古屋 21石田 聖実AX1312

【授業情報】

表示する



講義概要

聖書はそれを真剣に読む者には何らかの影響を与えずにはおかない書物です。古代ヘブライ人は聖書を生み出し、また聖書によってヘブライ人の精神が形成されました。ヘレニズム時代のユダヤ人、ナザレのイエスの言行に触れたローマ帝国の人々は次々とクリスチャンになりました。中世のヨーロッパはキリスト教によって形成されました。宗教改革から生まれたピューリタンは、新大陸にアメリカ合衆国を作り、世界に新しい秩序を生み出しました。日本でも戦国時代、明治維新、第二次世界大戦後といった時代の変革期に多くの人々がキリストの教えに希望を見出しました。
講義では、聖書全巻の中から、世界と人間の創造、イスラエルの歴史、イエス・キリストの生涯の物語を通して、キリスト教の人間観を概観します。



【学習到達目標】

旧約聖書に描かれた物語(歴史)、新約聖書に描かれた物語(キリストとキリストの教えから生まれた教会の歴史)を通して、聖書が提示する人間観を探る。
そこから現代日本に生きる私たちのあり方に対する示唆を見出す。



履修上の注意

新型コロナウイルス対策のため、変則的なプログラムになりました。教室での講義が再開されるまで次のようなやり方になります。

火曜4限までに 教材(教科書や教材BOXの資料)を読み、質問があれば質問を用意しておく
火曜4限開始時 電子講義板(質疑応答)→課題提出 4限終了



【事前準備学習】

1.教科書(「聖書は物語る」)の各章と、そこに関わる聖書本文を受講前後によく読んでください。
2.宗教に関わるニュースには注意を払ってください。
ネット上のニュースソースとしては、世界キリスト教情報、クリスチャン・トゥデイ、キリスト新聞、クリスチャン新聞などのメディアのサイト(SNSもあり)、またローマ教皇のツイッターなどがあります。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『聖書は物語る 一年12回で聖書を読む本』 大頭 眞一 株式会社ヨベル 2013
『聖書 新共同訳』 日本聖書協会
聖書は新共同訳を用います。必ず旧約の付いているものを用意してください。
参考書『聖書はさらに物語る』 大頭 眞一 株式会社ヨベル 2015
同じ著者の『聖書はさらに物語る』は、教科書『聖書は物語る』が飛ばしたところを扱っている姉妹編です。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

(1)講義での課題70%、(2)キリスト教礼拝のレポート30%

(1)春学期の定期試験がなくなりました。従って毎回の課題の提出で評価を行います。
最初の5週間は毎回必ず課題を提出してください。
それ以後は教室で課題を提示した時に提出していただきます。
(2)学内のチャペルで行われる礼拝、または学外のキリスト教会で日曜日に行われる礼拝・ミサのレポートです。
別紙をご覧ください。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1オリエンテーション
2天地創造
3アダムとその妻
4族長たちの物語
5出エジプトと十戒
6王と神殿
7預言者の叫び
8来るべきメシア
9詩歌と知恵文学
10キリストの誕生
11十字架と復活
12教会の誕生
13終わりのことがら
14今年度春学期は13週の講義で、試験週間はありません。
15今年度春学期は13週の講義で、試験週間はありません。
16今年度春学期は13週の講義で、試験週間はありません。


【リンク】


-リンクは登録されていません-