名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限キリスト教概説2秋A名古屋 21文 禎顥AC1102

【授業情報】

表示する



講義概要

アウグスティヌス(AD.353~430)という人物は、哲学や神学などの学問を中心に広く知られている、キリスト教を代表する哲学者かつ古代教会教父である。彼はプロティノスという新プラトン主義者に大きく影響される一方、彼の思想においては、ギリシア古典文化とキリスト教という二つの文化が合流し、ローマ帝国のラテン語圏の教会とギリシア語圏の教会という二つの教会伝統が一緒に伝承されるといわれている。このような幅広い背景をもつ彼の思想は、中世、近代、現代に至るまで数多くの著名な思想家たちに影響を与えてきた。本講義は、このアウグスティヌスの思想について分かりやすく解説し、彼の思想が現代を生きるわれわれにどのような意味を投げかけるかについて考察する。



【学習到達目標】

①アウグスティヌス哲学の基本構造をまとめ、
②彼を通して映し出されるキリスト教世界について理解を深め、
③彼の思想だけでなく、彼に影響を及ぼしたプラトン哲学と聖書から、哲学的に物事を考え、善く生きる知恵を学ぶ。



履修上の注意

期末テストは毎回配布される資料の持ち込みが許されるため、紛失しないようによく管理すること。



【事前準備学習】

講義中特に強調するところに目を通しておくこと。
そして配布される感想用紙に講義内容などについて感想を書くこと。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『聖書(新共同訳)』 日本聖書協会
毎回の講義に聖書を持参すること。
参考書『うつ物語―プラトン『国家』の洞窟寓話の現代的解釈』 文ジョンホ かんよう出版 2015
『純粋な夜の向こうへ―新たな出発のために』 文ジョンホ かんよう出版 2014
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

平常点50%・期末テスト50%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1ガイダンス、建学精神「敬神愛人」
2信仰と理性
3イエスと幸福
4悪の根源
5神の似像
6
7魂の不滅と復活
8祈り
9聖書の正義
10観想
11霊的秩序
12神の国
13パウロの体験
14神の予定
15救い
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-