名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限公共政策演習2秋A名古屋 21大石 (インストラクター2)EK1310

【授業情報】

表示する



講義概要

 公務員(国家・地方上級)試験において行政職の専門試験では憲法は必須科目であり重要な科目である。一方で、憲法は試験対策としては学習しやすい科目でもあり得点源とすることもできる科目である。また公務員試験全職種必須の教養試験においても憲法にちなんだ問題は必出であり、憲法対策を行うことはプラスとなる。
 公務員試験における憲法は判例など多くの覚えることがあるが、頻出の事例などを学ぶことで憲法を体系的に理解しつつ合格レベルの知識を養うことができる。
 本講座ではこれまで法令にふれたことのない学生を対象に、難解な用語の解説から有名な判例の事例を用いつつ憲法の「基本」を教示する。
これにより、憲法の理念、事例の分析、あてはめといった体系的な理解が身に付くであろう。またこの基本的な思考回路により公務員試験における憲法の基本的な問題を解くことができる。
 教材については憲法だけでなく法律そのものを初めて学ぶ者にとっても理解しやすくかつ自学においても使い勝手の良い「基礎憲法」を利用することによって法律アレルギーをなくし、全範囲をスピーディに復習することができるようになる。これを読み進めることによって寧ろより難解な理論や判例の理解が進むことになるだけでなく、そういった難解な理論へのチャレンジ精神が養われることにもつながる。
 最終的には本講座を受講することによって、公務員試験合格に必須な基本的問題を正答に導く憲法の思考回路を身につけ、難関論点へのチャレンジ精神やその理論の理解の礎が構築できる。



【学習到達目標】

・基礎理論の理解から公務員試験の出題問題(基礎問題レベル)の対応が可能なところを目標とする。



履修上の注意

・遠隔授業:アプリケーションによる動画配信(Microsoft Stream)とCCSを利用した課題提示・提出を併用して行う予定である。
・講義参加においてテキストは必携であり、業者が期日を指定して販売することになる。
 このテキストは、市販されているものではないので、9月18日に発信する授業連絡に則り、購入するように。



【事前準備学習】

・事前に、新聞などで世間の話題に関心を持っておくことを強く勧める。そのうえで授業後に、小テストの復習は欠かさないように。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『名古屋学院大学 公共政策演習 憲法』 東京リーガルマインド
9月18日にテキスト販売についての授業連絡を行います。 その指示に従って10月2日までにテキスト購入の申し込みを行うように。 申し込み締切日以降のテキスト販売はありません。
参考書『六法全書』
『択一六法 憲法』
上記のような憲法の全条文が掲載されていること。出版社などは問わない。最新版を推奨。  公務員試験六法など
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

出席状況を前提とし、その上で宿題と講義内での小テスト及び期末試験によって評価を行う。
 ・毎回のミニテストへの回答とその成績
 ・最終週もしくは期末試験期間に実施する期末試験の成績



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1ガイダンス・憲法総論
2人権① 人権総論
3人権② 人権の限界
4人権③ 法の下の平等
5人権④ 精神的自由権
6人権⑤ 経済的自由権
7人権⑥ 人身の自由
8人権⑦ 社会権
9人権⑧ 参政権・国務請求権
10人権⑨ 幸福追求権
11統治① 国会
12統治② 内閣
13統治③ 裁判所
14統治④ 財政
15統治⑤ 地方自治
16定期試験


【リンク】


-リンクは登録されていません-