名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限金融論入門春A名古屋 22松原 克正EK2302

【授業情報】

表示する



講義概要

金融に関連するニュースは毎日のように新聞やテレビなどで報じられているが、それが私たちの生活にどのような影響を及ぼすのかを考えるとき、金融論の知識は理解を助ける一つの手がかりを提供してくれる。この講義を通じて経済現象の見方・考え方を学んでほしい。特に、将来銀行などの金融機関に就職しようと考えている学生には受講を勧める。



【学習到達目標】

金融に関する知識を習得し、日々の経済現象に対する理解を深める。



履修上の注意

内容が連続的であり継続して受講する必要があるため、欠席等に対するペナルティーは意図的に重くしてある。また、中学校程度の数学の知識を必要とするため、苦手意識がある者はあらかじめ復習しておく必要がある。なお、いくつかの重要な話をするので1回目の授業には必ず出席すること。



【事前準備学習】

適宜、指示する



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『使用しない。』
参考書『適宜指示する。』
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

筆記試験(56点)+平常点(44点)
平常点が0点になると失格となる場合がある。
詳細に関しては1回目の授業時に説明する。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1基礎的諸概念
2均衡所得の決定
3貯蓄と投資の均衡
4IS曲線の導出
5貨幣の役割と定義
6預金創出のメカニズム
7LM曲線の導出
8同時均衡
9金融政策の目的と手段
10金融政策の有効性と限界
11演習問題
12インフレーションとデフレーション
13ルール主義と裁量主義
14最近の政策評価
15まとめと確認
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-