名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限専門基礎演習通年名古屋 42菅原 晃樹EK2101
2限専門基礎演習通年名古屋 42菅原 晃樹EK2101

【授業情報】

表示する



主題

経済学の思考法を基本から学び、経済に関する身近なトピックを理解できるようになる。



指導方針概要

皆さんの生活の身近なトピックに関して、経済学の思考法で考える力を養うことを目的とします。

初学者でも簡単に理解でき、経済学の思考法を習得することができる書籍をみなさんで輪読します。
(以下に挙げるようなテキストのうち、2・3冊を選び輪読する)

前半は毎回振り分けられた2・3人のグループで発表を行ってもらい、後半は一人ずつの発表を行います。

その際、ワード・エクセル・パワーポイント等を用いて発表を行うことが必須です。
これらのソフトは使おうとすれば覚ることができるが、そもそも使えるようになろうという意欲のない学生はこの演習についていけなくなります。

輪読本の候補は以下のようなものですが、学生の希望も受け付けます。
『貧乏人の経済学』 バナジー・デュフロ みすず書房 
『競争と公平感』 大竹文雄 中公新書 
『人口負荷社会』 小峰隆夫 日経プレミアシリーズ 
『未来志向「10年先を読む統計力」』 神永正博 朝日新聞出版 
『年金は本当にもらえるのか?』 鈴木亘 ちくま新書
『経済学的思考のセンス』 大竹文雄 中公新書
『「原因と結果」の経済学』 中室・津川 ダイアモンド社
『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』 伊藤公一朗 光文社新書
『オンラインデートで学ぶ経済学』 ポール・オイヤー NTT出版
『家族の幸せの経済学』 山口慎太郎 光文社新書
『ゲーム理論入門の入門』 鎌田雄一郎 岩波新書



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキストテキストの候補は上の指導方針概要にあります。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

無断欠席や遅刻、締め切りを守らない学生は即失格にします。
ゼミ内における団体行動における最低限のマナーを守ることを心がけてもらいます。

ゼミ選考の面接では経済のどのようなトピックに関心を持っているかを質問します。



【リンク】


-リンクは登録されていません-