名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限専門基礎演習通年名古屋 42黒田 知宏EK2101
2限専門基礎演習通年名古屋 42黒田 知宏EK2101

【授業情報】

表示する



主題

この演習は,1年間を通して行われる。

諸君が学ぶ経済学をさらにもう一歩進め、現実に起こっている現象を解釈し意見をまとめることが出来るようになるのが目標である。

担当者は2017年から2018年にかけて1年間英国のノッティンガム大学で在外研究に従事した経験がある。日本の外から見ないとわからない世界があると感じている。

学生諸君も、できるだけ早い時期に日本だけに留まらずに幅広い視野を広げておく必要がある。

この演習でも、できるだけグローバルな話題をたくさん扱いたいと思う。



指導方針概要

大テーマ:応用ミクロ経済学

この演習では、入門で習ったミクロ経済学の知識を使って様々な社会問題を扱う。

現実社会の変化に合わせて、ミクロ経済学も日々発展してきているため,通常の講義ではカバーされない最新の内容にも触れる必要がある。

この演習では、

●インセンティブが欠けると困る?
●合理的な選択とは?
●交渉を有利に進めるには?
●先手と後手はどちらのほうが有利か?
●人間はどこまで合理的か?

といった内容のうち,ひとつでもしっかりとした答を出せるように学んでもらう.

春季はゲーム理論(駆け引きを学ぶ)と行動経済学(人間の素直な行動に基づいた経済学)に関する極めて平易な書籍を選び、グループで勉強する。

(1)ゼミの総人数に応じて、1グループ当たり3~4人のグループに分かれる。
(2)指定されたメンバーは担当箇所をレジュメにまとめ、報告する。
(3)報告担当でないグループは、コメンテーターとして報告内容を要約した上で質問をする。
(4)報告準備不足、遅刻や無断欠席の責任はグループで負ってもらう。

夏休み以降は再びゲーム理論や行動経済学の知識を活かして、各自、グループの研究テーマを探しながら,プロジェクトの完成を目指す。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキスト初回のガイダンスで学生と相談して決めます。 Amazonのkindle版のテキストを採用することもあります。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

『ゼミ選考への要望事項』(面接がある場合)
CCS上でオンライン申込をしたうえで,担当教員に以下の書類を面接の時に提出すること。
(1)学籍番号と氏名
(2)ゼミに対して何を望むかを簡潔に
(3)意気込みを簡潔に.
(4)最近読んだ新聞・ニュースから気になる記事を簡潔に

『ゼミの学生に望む事』
成績よりも【やる気や人物】を重視して採用します。

経済学の知識以外にも報告・発表の仕方を特に重視し,人間として成長したい学生を求めます.

英語圏への留学を考えている学生のサポートもします。英語力は努力次第でどうにでもなります。
これまでのゼミ生にはパシフィック大(長期),コンケン大(中期),コー大(中期)などに留学した学生がいます。



【リンク】


-リンクは登録されていません-