名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
6限専門演習(4年)通年名古屋 84河原林 直人EK4101
6限専門演習(4年)通年名古屋 84河原林 直人EK4101

【授業情報】

表示する



主題

卒論作成の実践



指導方針概要

4年次演習では,いよいよ「卒業論文」を作成してもらいます。
これは,講義の一般的なレポートとは異なり,自分自身で分析・考察を行うことが最重要課題です。
従って,本演習では具体的に卒論作成を進めていくことに主眼を置きます。
3年次のようなテキストの輪読は採用せず,個別に設定した卒論テーマについて作業を行ってもらいます。

最初は,3年次に作成した研究報告書をパワーポイントにまとめて,プレゼンテーションの練習を行います。
これは卒業研究発表会へのエントリーを意識したものとなります。
学生論文コンクール,あるいは卒業研究発表会に参加することを前提としたスケジュールで作業を進めてもらいますので,就職活動との兼ね合いを勘案した合理的な時間管理を心掛けるようにして下さい。




【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキスト-テキストは、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

卒論を作成・提出しなければ卒業できません。
しかし,現実には就職活動もありますので,順調に作業を進めることが大変難しいです。そうした状況の中で,物事を進めて行く意思の強さと計画性が求められます。
卒論は「調べた」だけでは不受理です。必ず「考察」を加えねばなりません。卒論完成まで,常に「考える」ことを意識して下さい。



【リンク】


-リンクは登録されていません-