名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
5限専門演習(3年)通年名古屋 43河原林 直人EK3101
5限専門演習(3年)通年名古屋 43河原林 直人EK3101

【授業情報】

表示する



主題

卒業論文の基本型を準備する ~研究報告書の作成~
論理的に課題を考察する訓練,表現する訓練を行います。



指導方針概要

本演習は,最終的に卒業論文の作成に繋がるスキルの修得を目的とする。
具体的には,データや資料の蒐集,それらの分析によって得られる結果をどのように理解するのかという作業を繰り返して行い,論理的な思考に基づく観察・調査・分析・考察とはどのようなものなのかを,文章やプレゼンで表現する力を身に付けるトレーニングを行う。

こうした取り組みは,短期間に成果が現れにくいが,一度身に付けると一生使える大切な「技能」である。
辛抱強く課題に取り組む姿勢を持つ学生さんの応募を期待している。

春学期の最初に学習の年間スケジュールを設定します。ある程度の計画性が要求されますので,コンスタントに教員と連絡を取る姿勢を持つことが大切です。また,授業の合間にキャリア教育を導入して,就職活動へのサポートも試みます。

なお,研究のテーマが決まらない,見つからない…という人も少なくないと思います。
本演習では,どのようなテーマであっても対応可能な「方法」を学んでもらうので,何も心配することはありません。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキスト『武器としての決断思考』 瀧本哲史 星海社新書 2011
テキストを用いた輪読は,基本的に春学期に行いますので,授業開始時までに必ず入手しておくこと。 秋学期については,具体的に研究報告書を作成するための作業が中心となります。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

(1) 専門演習を希望する学生は,必ず面談を受けること (面談の際には志望理由・関心のあるテーマを書いた紙を持参すること!!)
(2) 研究とは地道であり,結果が出るまでに長い時間と多くの労力が必要になります。その意味では忍耐強く物事に取り組める学生さんが望ましいです。
(3) 演習の運営に積極的に取り組んでもらわないと支障が出ますので,欠席せずに授業や課題に取り組める自信のある学生さんの応募を期待しています。
(4) 目標として,4年次の学生論文コンクールや卒業研究発表会へのエントリーを掲げて授業を行います。また,インターンシップへの参加も全員に求めますので,このことを承諾した上で応募して下さい(既に体験済みの場合は,その限りではない)。

※※※ 卒業要件を満たすための履修上の条件や制度に関する規定を熟知しておかねば,大変なことになりかねません。必ず『履修要項』を熟読しておくように。



【リンク】


-リンクは登録されていません-