名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限現代社会と経済春A名古屋 21木船 久雄AX1321

【授業情報】

表示する



講義概要

全ての人間は,どんな形態にせよ経済活動とは無縁ではありません。職を持たず稼ぎの無い学生でも,携帯電話を使い,コンビニで買い物をし,映画を見,本を読みます。これらは経済活動の一側面である消費です。一方,働いてお金を稼いでいる親たちは,自らが持つ労働力という商品を売って,なにがしかのモノやサービスの生産活動に参加し,その対価として所得(給料)を得ます。そして,その所得を元に生活や楽しみに必要なモノやサービスを買っているのです。
経済活動をしているのは,個人や家庭だけではありません。企業(会社)や政府(中央政府,地方自治体)も同じです。国境を越えた海外との売買もあります。企業や政府は,人を雇い,原材料を買って,モノやサービスを生産し,それを消費者に向けて販売します。政府は,放っておいたら誰もやらないようなサービスを(例えば,外交,警察,福祉等)納税者に提供します。そのサービス提供への対価は,自発的に誰も支払ってくれないので,税金という形で徴収し,それが公務員の給料や政府購入代金の支払い原資となります。
こうした関係が,家計(個人)・企業・政府が経済活動を通じた構図です。
ここまで読むと,賢明な皆さんは幾つかの疑問を持つことでしょう。多くの給料を得るにはどうしたら良いか?貰った給料はどのように使われているのか?政府は税金を無駄にしていないか?もっと現実的の疑問としては,経済活動はどんな弊害をもたらしているか?なぜ自由貿易が推奨されるのか?等々。
 本講義では経済活動の様々な側面を網羅的に解説します。この講義を通じて,履修者が現代社会への理解を深め,経済活動に対する判断力の養成を目的としています。



【学習到達目標】

現代経済社会の構造や課題を理解する。
社会のあり方を考えるための基礎力を身につける。



履修上の注意

私語は厳禁。
途中退出厳禁。



【事前準備学習】

授業内容に関連する「自学自習」問題をCCSにアップします。
予習や復習のために,CCS「自学自習」の設問集を利用し,事前の理解や知識の定着に努めること。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書-教科書は、登録されていません。-
参考書参考図書は,授業内で適宜紹介する。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

期末試験60%,平常点20%,レポート20%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1近代の経済社会
2経済のしくみ
3国民所得と経済成長
4金融のしくみと金融政策
5財政の役割と財政政策
6日本経済の軌跡
7消費者行動
8雇用・労働問題
9福祉と社会保障
10貿易と直接投資
11国際経済
12地域統合の進展
13多様化する世界経済
14人口・資源・食料問題
15環境問題
16学期末試験


【リンク】


-リンクは登録されていません-