名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
集中 社会学史集秋名古屋 22岡澤 憲一郎GD2302

【授業情報】

表示する



講義概要

本講では、社会学を確立させるのに貢献した3人の社会学の巨匠、すなわちE.デュルケム、G.ジンメル、M.ウェーバーを中心的にとり上げます。そして、かれらの社会学の方法と理論をわかりやすく解説しながら、かれらの社会学の社会学史上の意義をさぐっていきます。



【学習到達目標】

現代社会を理解し、分析するのに役立つ社会学的な思考方法を習得すること



履修上の注意

秋学期の集中講義です。



【事前準備学習】

ほぼ毎回資料を配布しますので、それをもとに復習すること



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書-教科書は、登録されていません。-
参考書『マックス・ウェーバーとエートス』 岡澤憲一郎 文化書房博文社 1990
『新版 ゲオルク・ジンメルの思索 ー社会学と哲学ー』 岡澤憲一郎 文化書房博文社 2015
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

筆記試験60点、平常点40点(授業態度30点、小テスト10点)



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1社会諸科学と社会学
2成立期の社会学 1 : A.コント(フランス)とH.スペンサー(イギリス)
3成立期の社会学 2 : ドイツ、アメリカ、日本のばあい
4集団論の展開 : F.テン二エス、Ch.H.クーリー、R.M.マッキーバー
5確立期の社会学 : 3人の社会学の巨匠 デュルケム、ジンメル、ウェーバー
6E.デュルケム : 「社会的事実」の学問
7デュルケムの『社会分業論』と『自殺論』
8G.ジンメル : 形式(純粋)社会学
9ジンメルの『社会学の根本問題』
10ジンメルの宗教社会学と生の哲学
11M.ウェーバー : 理解社会学
12ウェーバーの『経済と社会』 ー 「西洋文化の合理主義」 ー
13ウェーバーの宗教社会学 ー 「近代の経済エートス」の形成 ー
143人の巨匠たちの社会学史上の意義
15現代社会学の動向
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-