名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
1限基礎セミナー春A名古屋 21江口 忍AW1101

【授業情報】

表示する



講義概要

大学に入学し、講義が始まると、皆さんは高校までの授業と大きく違うことに気づき、戸惑うかもしれません。たとえば、授業時間は50分から90分と長くなります。高校まではいつも一緒のクラスでほとんど同じ教室で学習していたのに、大学では、毎時間違う仲間と違う教室で授業を受けることになります。授業の進め方も、先生によってかなり違います。また大学では、自分で調べ、考え、整理し、論理的に文章をまとめることが求められます。皆さんの戸惑いに応えるのが基礎セミナーです。大学生活をより有意義に送るために、名古屋学院大学とはどんな大学か、学部にはどんな先生がいるか、学内にはどんな施設があり、どのように利用するかを知るとともに、学生生活を送るうえでの基本的な心構え(ソーシャル・スチューデント・スキル)を養います。また、大学での学習方法、レポートの書き方、個人やグループで行う発表方法などを身につけます。さらに、身近な課題を発見・解決するような学習(PBL)体験をします。



【学習到達目標】

・大学と高等学校までとはどのように違うのかが理解できる。
・大学生活における自己管理、学修を優先した時間管理ができる。
・名古屋学院大学の建学の精神と歴史が理解できる。
・名古屋学院大学の学生として自覚を持ち、キャンパスの中でのマナーを知り、実行できる。
・名古屋学院大学が立地する地域(熱田区・瀬戸市)に関心を持つことができる。
・大学で仲間づくりができる。
・大学生としての学習スキルを身につけることができる。




履修上の注意

毎回の授業に関する詳細な内容は、各教員からアナウンスされるので、よく確認してください。
基礎セミナーのクラスの仲間が、1年次のその他科目のメンバーの基本にもなります。まずは、このクラスの中での仲間づくりが望まれます。




【事前準備学習】

生活習慣を整えて、毎回、積極的かつ元気にこの授業に臨めるよう準備してください。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『2017 スタンダード 基礎セミナー』 名古屋学院大学 基礎セミナー分科会編 2017
毎回、必ず持参すること。
参考書-参考書は、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

授業内での取り組み状況、学期中および学期末の課題内容を総合的に判断して評価を行います。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1名古屋学院大学のことを知ろう(建学の精神と学内探検)/CCS・メールの使い方
2大学で学ぶ意味について考えてみよう
3先輩に現代社会学部のことを聞いてみよう
4新聞記事を材料にしてディスカッションをしてみよう
5まち歩きをしてみよう(宮の渡し・熱田神宮・神宮前商店街)
6まち歩きの結果を整理して熱田区のまちづくりについて考えてみよう
7講義を聞き方とノートの取り方を学ぼう(「プレゼン白熱教室」を題材にして)
8新聞の読み方と記事検索の方法を学ぼう
9名古屋に将来について考えてみよう~リニア開業で名古屋はどのように変わるのだろうか
10レポートの書き方と引用のルールを学ぼう
11テーマを持ってフィールドワークをしてみよう(アスナル金山と金山総合駅)
12フィールドワークの結果整理と内容発表、評価
13まちづくり提言コンペ1(熱田区の概要講義)
14まちづくり提言コンペ2(提言内容を考える)
15まちづくり提言コンペ3(パワーポイントの作り込み)
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-