名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限国際政治春A名古屋 23鈴木 隆GQ3401

【授業情報】

表示する



講義概要

 本講義は、国際政治の歴史・理論の基本事項を講義する。第一に、国際社会の誕生から二度の世界大戦をへて冷戦、ポスト冷戦へと至る国際政治史を概観する。第二に、世界大戦を契機に確立された国際政治学の理論について、基本的アプローチとしてのリアリズムとリベラリズムを解説し、併せてその他の代表的諸理論を解説する。



【学習到達目標】

 国際政治学とは、国際関係全体の中の主権国家間の政治現象が、国際社会の中で持つ意味あるいは機能などについて検討する学問である。そのため、現代の国際政治を理解し、その動向を見極めるためには、現代の国際政治で生じている様々な問題の歴史的背景を理解し、分析ツールとしての基本的な国際政治理論を知ることが必要条件である。よって本講義は、国際政治の歴史・理論の基本事項を解説し、現代国際政治の全体像を理解することを目標とする。



履修上の注意

 本講義は、国際政治の歴史や理論について、適宜、時事問題を取り上げながら解説していく。そのため、現代国際社会と日本社会との相関に問題意識を持つこと、日頃より新聞などに眼を通す癖をつけること、私たちを取り巻く情報や社会の変容に常にアンテナを張るようにすること、などが求められる。



【事前準備学習】

 本講義は、政治学の基礎知識、および世界史の基本的流れを理解していることを前提に進める。よって受講生は、事前に参考書などで上記を再確認のうえ、当該講義計画(講義テーマ)の内容周辺を予習したうえで講義に出席することが望まれる。また、事後には、講義内容を復習・整理し、次回講義に向けて理解を定着させておくことが望まれる。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『東アジア国際関係の新展開』 鈴木隆 志學社 2017年
教科書がカバーしていないテーマについては、適宜、レジュメを配布する。
参考書『安全保障と国際関係』 鈴木隆ほか 内外出版 2016年
『国際関係論講義』 山影進 東京大学出版会 2012年
『東アジア統合の国際政治経済学』 鈴木隆 国際書院 2011年
『グローバル社会の国際関係論』 山田高敬・大矢根聡 有斐閣 2011年
『国際政治学をつかむ』 村田晃嗣・君塚直隆・石川卓・栗栖薫子・秋山信将 有斐閣 2009年
『日本外交と国際関係』 鈴木隆ほか 内外出版 2009年
上記以外については講義の中で適宜紹介する。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

 期末の試験と講義の進捗に合わせて適宜実施する小テストとの結果を総合して判断する。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1イントロダクション
2国際社会の形成:グローバリゼーション
3国際政治理論の思想的背景Ⅰ:リベラリズム
4国際政治理論の思想的背景Ⅱ:リアリズム
5リベラリズム
6リアリズム
7コミュニケーション理論とゲーム理論
8合理的行為者・組織過程・政府内政治
9相互依存モデル・従属論・世界システム論
10ネオリアリズム
11ネオリベラル制度主義
12国際政治の課題Ⅰ:内戦型紛争と国際テロリズム
13国際政治の課題Ⅱ:核抑止・核拡散・核軍縮
14国際政治の課題Ⅲ:人権と人道的介入
15国際政治の課題Ⅳ:人間の安全保障
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-