名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限社会科・地理歴史科教育法2秋A名古屋 22國原 幸一朗GQ2408

【授業情報】

表示する



講義概要

 本講義では、中学校社会科と高等学校地理歴史科の「理解・説明」重視の授業と「問題解決」重視の授業を、目標・内容・方法・評価などの観点から解説する。地理と歴史の目標・内容・方法・評価についても解説するとともに、地理においては、地理的技能と地域調査、歴史においては、史資料の活用と歴史的思考力、歴史意識に焦点を当て、具体的な事例を通してスキルを身に付ける方法を示す。また受講生の関心のあるテーマで教材研究、単元開発を行い、模擬授業を通して学習指導案の内容の適否を検討する。



【学習到達目標】

1. 中学校社会と高等学校地理歴史科の「理解・説明」重視の授業と「問
  題解決」重視の授業の目標・内容・方法・評価を理解する。
2. 中学校社会と高等学校地理歴史科の目標・内容・方法・評価を理解
  する。
3. 「地理的見方や考え方」「地理的技能」「歴史的思考力」を習得させる
  方法を理解する。
4. 模擬授業を通して学習指導案の内容の適否を振り返ることができる。



履修上の注意

1.受講に際し、A4版ファイル(色・綴じる形式は自由)を用意する。
2.授業を欠席した場合、その回の授業についての学習や配布資料の
  入手は、受講生本人の責任において行ってください。



【事前準備学習】

 毎回、課題を出すので、しっかり調べてくる。授業後に授業内容を復習し、分からないことについては、次の授業時に質問し確認する。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『中学校学習指導要領解説 社会編』 文部科学省 日本文教出版 2008
『高等学校学習指導要領解説 地理歴史編』 文部科学省 教育出版 2010
 「社会科・地理歴史科教育法1」未履修者は、授業前に購入しておくこと。
参考書『社会科教育事典』 日本社会科教育学会 ぎょうせい 2012
『中学校社会科教育』 社会認識教育学会 学術図書出版社 2010
『地理歴史科教育』 社会認識教育学会 学術図書出版社 2010
『地理教育用語技能事典』 日本地理教育学会編 帝国書院 2006
『究極の中学校社会科-地理編-』 井田仁康ほか 日本文教出版 2013
『究極の中学校社会科-歴史編-』 伊藤仁郎ほか 日本文教出版 2013
 その他の参考書については授業で紹介する。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

 試験結果、ワークシートと学習指導案の内容、グループワークへの参加等から総合的に評価する。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1学習過程の組織化、教材開発の意義と方法、板書計画と発問
2社会科・地理歴史科の授業分析(1)(「理解・説明」重視の授業)
3社会科・地理歴史科の授業分析(2)(「問題解決」重視の授業)
4社会科・地理歴史科の授業開発(1)(地理の目標・内容・方法・評価)
5地理的技能
6地域調査
7社会科・地理歴史科の授業開発(2)(歴史の目標・内容・方法・評価)
8史資料の活用法
9歴史的思考力と歴史意識
10社会科・地理歴史科の授業開発(3)(授業づくり)
11模擬授業と授業分析(1)(社会科地理的分野)(模擬授業・評価・分析)
12模擬授業と授業分析(2)(社会科歴史的分野)(模擬授業・評価・分析)
13模擬授業と授業分析(3)(地理)(模擬授業・評価・分析)
14模擬授業と授業分析(4)(日本史)(模擬授業・評価・分析)
15模擬授業と授業分析(5)(世界史)(模擬授業・評価・分析)
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-