名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限日本史春A名古屋 21上野 史朗AX1344

【授業情報】

表示する



講義概要

 日本史を日本の国の歴史と考えることはできない。日本に生まれ、そして育った人々の歴史を日本史というのである。また日本の地に生活する人々と、それに関わってきた人々の歴史と考えたい。
 ところでいつから人々は自分の生活する国を日本と意識し、日本人と自覚するようになってきたのか。以上のことをまず考えたい。次に日本周辺の国々・地域の人々とどのように関わってきたのか、またどのように観てきたのかを考えてみたい。それは日清日露の戦争などの大きな戦争で、兵士として日本の近隣地域に出向き関わったかもしれない。また新聞・雑誌からの情報であったり、ひとからの伝聞から対外観を身につけたかもしれない。時には戦争俘虜として日本にやってきた諸外国の人々に接することから情報を得たかもしれない。さまざまな機会を通じて私たちの対外観ははぐくまれてくるのだが、それは時代の状況が変化することによって、大きく異なる。
 そこで本講義では、維新以降の日本人がもった対外観につき、時代的背景などを理解しながら、それがどのように移り変わっていったかをき学んでいくことにしたい。
 近年、歴史教育についてさまざまなことがいわれているが、大事なのは広い視野と柔軟な頭をもって歴史事象をみることだと思う。日本だけがひとり他国と比べ優れているといってみたり、逆に日本が劣っていると狭い視野から主張しないようにしたい。残された多くの史料を読み、ありのままの歴史を理解したい。半年間という短い期間の授業であるが、歴史の学習が暗記することではなく、考えることであることだと実感できるようになれば幸いである。



【学習到達目標】

 自分たちが生まれる以前に日本の地に生活した人々の歴史を学ぶことになるが、明治・大正・昭和の時代に生まれ、そこで育った人々が、どのように生活し、互いにどのように関わってきたかを、当時の出版物などを通して学習していきたい。
 半年間の授業では、歴史的事項の説明をただ聞くというのではなく、話題となった時代に自分が生活しているつもりで、なぜ、どうしてといった疑問をもちながら問題を解決できるようになってほしい。



履修上の注意

 さまざまな機会を利用して歴史に関わる情報を入手してほしい。歴史書、博物館訪問、テレビ番組、映画、インターネットなどから教えられるところは多いが、インターネットからの入手情報だけが正しいと信じるような単純な考えだけはもたないでほしい。きちんと本を読むこと、史料を解釈することといった地味な学習も重要だということを知ってほしい。
 文献、史料には現在使われないような難しい漢字、語彙、表現などがあるが、少しずつでよいから理解できるようにしておくと、今後の自分の日本史の学習に大いに役に立つと思われるので、辞書などを利用して学んでほしい。



【事前準備学習】

開講前
 身近な歴史を事前に学ぶという意味から、機会をみつけ自分の家系の歴史(ファミリー・ヒストリー)について両親、祖父母などから聞き取りをしておいてほしい。
各授業前
 授業時に予告される次回内容について、簡単に予習しておいてほしい。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書プリントを配布
参考書『対外観』 芝原拓自 岩波書店 1991
『日本人と多文化主義』 石井米雄 山川出版社 1999
『福沢諭吉のアジア認識』 安川寿之輔 高文研 2009
『板東俘虜収容所』 富田弘 法政大学出版会 1991
『近代日本の中国認識』 野村浩一 研文出版 1981
『容赦なき戦争―太平洋戦争における人種差別』 ジョン・ダワー 平凡社ライブラリー 2001
『戦争と知識人』 北河賢三 山川出版社 2003
『近代日本とアイヌ社会』 麓慎一 山川出版社 2002
『ある明治人の朝鮮観』 上垣外憲一 筑摩書房 1996
『幕末・明治期の国民国家形成と文化変容』 西川長夫 新曜社 1995
駒込武『植民地帝国日本の文化統合』岩波書店、1997、小熊英二『<日本人>の境界』新曜社、1998、山下重一『琉球・沖縄史研究序説』御茶の水書房、1999、浅川晃広『近代日本と帰化制度』渓水社、2007、遠藤正敬『戸籍と国籍の近現代史』2013、新谷行『松浦武四郎とアイヌ』麦秋社、1978
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

定期試験と宿題の結果で評価する。教科書は使わず、毎回授業時に配布するプリントを使って講義をすすめるので、講義内容の理解度が評価される。出題は論述問題であり、そのためしっかりとした文章で解答されないと評価の対象外となる。




【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1日本と国際社会
2近代国家としての日本の誕生
3日本語の誕生
4琉球王国の日本編入
5蝦夷地の日本編入
6近代日本と万国公法
7「脱亜論」と文野の戦争
8日清戦争と対外観
9初めての対外戦争
10日清戦争が国民生活へ及ぼした影響
11日露戦争前後の対露観
12人類館事件と対外観
13日露戦争・第一次戦争後の俘虜政策
14戦意高揚政策とプロパガンダ
15第二次世界大戦中の対外観と俘虜政策
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-