名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限キリスト教学秋A名古屋 21髙見 伊三男AV1102

【授業情報】

表示する



講義概要

 キリスト教学として、『聖書』における基礎である「旧約聖書」について学んでいきます。
 『聖書』は、まず世界最大の宗教であるキリスト教(キリスト教会やキリスト教主義学校)の正典です。また世界における永遠にわたるベストセラーです。さらに、西洋文化の基礎であるだけでなく、近年はアジア、アフリカなどでも急増して読まれています。それゆえ、 『聖書』は“The Book”と呼ばれています。その『聖書』は、「旧約聖書」と「新約聖書」から構成されています。
 「旧約聖書」は、キリスト教(正典)やユダヤ教(正典)やイスラム教(啓典)といった世界の代表的な一神教において、それぞれに正典また啓典として重視されています。「旧約聖書」は、特にキリスト教においては、「新約聖書」(正典)に対して、預言と成就、待望と目標といった関係にあります。さまざまな人間関係などにおいて、多様な人生が描写されていますが、全体的に破れの多い、身近な人間性が印象的です。
 この講義では、そうした「旧約聖書」から人間性豊かな信仰者たちとその預言・希望について見ていきます。そうして、私達が「旧約聖書」から「新約聖書」へと導かれていかれることを願うものです。そうした「旧約聖書」のすそ野から「新約聖書」の頂点へと…。講義の15回のそれぞれのテーマとしては、下記のとおりです。



【学習到達目標】

 上記の講義概要のごとく、「旧約聖書」における、破れの多い、身近な、人間性豊かな信仰者たちを通して、彼らに私達が多少なりとも共感することができるのではないか。さらに、彼らの成就・目標としての「新約聖書」へと導かれることを願います。ともかく、「旧約聖書」の面白さをいくらかでも覚えるようになることを願うものです。



履修上の注意

 『聖書』(「旧約聖書」+「新約聖書」)は、本講の教科書ですので、毎回必ず持参して下さい。
 『聖書』の基礎としての「旧約聖書」は、今からおよそ3000年以上も昔から伝えられ、記されてきた歴史的・世界的に代表的な“古典”です。古典であるがゆえに、昔の時代背景において生まれたものなので、現代の私たちには理解しがたいことも多々あります。その一助としてDVDを2個鑑賞してもらいますので、楽しみにして下さい。
 また、質問などがありましたら、各授業の終わりやCCSの質問などに遠慮なく聞いてみて下さい。



【事前準備学習】

 『聖書』の中の「旧約聖書」に多少なりとも読んで親しむようにしておいて下さい。しかし、「旧約聖書」は39巻もあって分厚いものなので(最初から最後まで一気に読むと案外面白いものですが)、その中から特に、講義で取り上げる「創世記」「出エジプト記」「サムエル記上・下」「イザヤ書」「ヨナ書」「詩編」「ヨブ記」などにはできるだけ目を通しておくと、より親しみが持てます。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『聖書-新共同訳(ハンディバイブル)-(本学のキリスト教講義で共通)』 日本聖書協会
上記の『聖書』は、私のすべてのキリスト教についての授業において共通の教科書です。各自が毎回必ず持参して下さい。
参考書『聖書の世界-総解説-』 木田・土岐 他 自由国民社
「旧約聖書」や「新約聖書」、すなわち、『聖書』を、考古学や芸術(美術・音楽)、諸宗教関係史や論争史、そして各書のダイジェストなどを通して、多角的また総括的に解説しています。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

平常点(48点)+期末定期試験(50点)+チャペル・カレッジ・オルガンアワー(2回まで3点ずつ加点、3回以上2点ずつ加点)+聖書朗読・他(1回2点加点)+日本基督(キリスト)教団の諸教会の日曜礼拝(1回2点ずつ加点)=合計点



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1聖書および旧約聖書の概要
2創世記①ー「天地創造」(前編)の参照ー
3創世記②ー「天地創造」(後編)の参照ー
4天地の創造ー神の恵みによってー
5アダムとエバ-最初の人間・結婚と原罪-
6アブラハム-信仰の父ー
7出エジプト記①ー「十戒」(前編)の参照ー
8出エジプト記②ー「十戒」(後編)の参照ー
9モーセ-旧約の律法の仲介者-
10ダビデ-旧約最大の王-
11イザヤ-旧約最大の預言者-
12ヨナ書ー預言者的でない預言者-
13詩編ー賛美・信仰・預言の詩歌ー
14ヨブ記ー苦難の信仰者ー
15まとめおよび本学の建学の精神
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-