名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
1限基礎英語1春A名古屋 11梁 志鋭AJ1102

【授業情報】

表示する



講義概要

基礎英語1の主な目的は、授業活動を通してこれまで学んできた英語の文法項目を、4技能(リスニング、スピーキング、リーディングとライティング)を駆使させながら復習し、文法項目を定着させるとともに、英語での基礎コミュニケーション能力を養うことです。また、北米の学生生活に関わる内容の教材を使用することにより、英語能力やスキルのみならず、異文化理解を深めるのも本講義の狙いの1つです。




【学習到達目標】

1.英語での基礎的なコミュニケーションに必要となる既習の文法項目を正しく使えるようになること。
2.新しい英語の語彙・表現を増やすこと。
3.授業活動を通してリスニング、スピーキング、リーディングとライティングの基礎力を身につけること。
4.教材のトピック・内容を通して北米の文化および習慣について理解を深めること。



履修上の注意

教科書と電子辞書は持参してください。
出席に関しては:
1.10回以上の授業に出席しないと失格とします。
2.30分以上の遅刻は、欠席とします。
3.10分以上の遅刻は2回で欠席1回分とします。



【事前準備学習】

各Unitは2回の授業に渡って進めます。各Unitを導入する前に事前に教科書を予習しておいてください。学習した語彙については、Unitごとに小テストを行うので、事前に復習してください。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『English Insight: An Integrated Approach to Language Learning』 Mark D. Stafford, Chizuko Tsumatori, Kozue Matsui CENGAGE Learning 2016
教科書は必ず購入してください。
参考書教科書以外の補足資料は、適宜授業中に配布します。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

1.授業態度(30%)
2.小テスト(30%)
3.期末試験(40%)



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
11: Introduction
22: 代名詞: 文法・語彙提示、4技能の練習
33: 代名詞: 学習内容の確認、総合タスク
44: be 動詞: 文法・語彙提示、4技能の練習
55: be 動詞: 学習内容の確認、総合タスク
66: 名詞: 文法・語彙提示、4技能の練習
77: 名詞: 学習内容の確認、総合タスク
88: Review
99: 冠詞と限定詞: 文法・語彙提示、4技能の練習
1010: 冠詞と限定詞: 学習内容の確認、総合タスク
1111: 一般動詞: 文法・語彙提示、4技能の練習
1212: 一般動詞: 学習内容の確認、総合タスク
1313: 疑問文: 文法・語彙提示、4技能の練習
1414: 疑問文: 学習内容の確認、総合タスク
1515: Review
1616: 定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-