名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限日本語表現秋A名古屋 21樋口 千紘AJ1101

【授業情報】

表示する



講義概要

 大学で学ぶ際に、あるいは社会生活を営む上で、日本語による言語表現は欠かせません。「日本語表現」は、大学卒業後、社会人として必要とされる日本語の読む・書く・話す能力のレベルアップを図る科目です。
 具体的には、読む・書くことについては、社会人として必須の敬語・文法・漢字・語彙の知識を習得し、日本語検定3級認定(合格)程度の日本語力の修得を目指します。また、話すことについては、必ず全員に3分間のスピーチを課しています。さらに、基礎知識習得後には、文章作成のための技能について、具体的に勉強をします。
 名古屋学院大学ディプロマ・ポリシーうち、「知識・技能 1)人間、社会、文化、自然等に関する幅広い知識を身に付けている」及び「思考力・判断力・表現力」の「2)他者に対して、自分の考えを口頭や文章によって的確に伝えることができる」に関連した科目です。また、カリキュラム・ポリシー「教育内容」の《NGU教養スタンダード科目》「日本語・語学・情報に関する科目」に該当します。



【学習到達目標】

 文の組み立て・言葉の順序・文の要旨をまとめる勉強等を通して、実際の社会生活や学習活動に必要な作文能力を養います。また、改まった話を改まった場所で話すことのできる能力を、3分間スピーチを行うことにより育成します。



履修上の注意

 授業以外にも授業後のCCSによる「自学自習」の実施、また授業外にNGU漢字検定のための漢字の読み・書きの勉強を行うことも必要です。授業はなるべく休まないようにしてください。休んだ場合は、その日の授業内容に関する「自学自習」の勉強が課されます。



【事前準備学習】

前回の授業の復習として、関係する自学自習のコンテンツを必ず終えてください。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『日本語表現テキスト』 名古屋学院大学日本語表現部会 2017年
参考書『日本語検定公式領域別問題集』 日本語検定委員会 東京書籍 各年発行
『日本語検定公式各級別過去問題集』 日本語検定委員会 東京書籍 各年発行
図書館にも、複数冊入れてあります。ご利用下さい。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

平常点と毎回の小テストの総合点により評価します。
NGU漢字検定の設定目標達成とCCSによる「自学自習」の実施は必須です。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1オリエンテーション/言葉の知識、練習問題、漢字習熟度判定テスト
23分間スピーチ、前回確認テスト、敬語①(敬語の3分類、敬語の形)、練習問題
33分間スピーチ、前回確認テスト、敬語②(間違いやすい敬語、手紙の言葉、改まった表現)、練習問題
43分間スピーチ、前回確認テスト、文法・言葉のきまり①(ら抜き言葉、レタス言葉、さ入れ言葉)、練習問題
53分間スピーチ、前回確認テスト、文法・言葉のきまり②(2つの意味にとれる文)、練習問題
63分間スピーチ、前回確認テスト、言葉の意味、練習問題
73分間スピーチ、前回確認テスト、漢字、表記、練習問題
83分間スピーチ、日本語検定受検に備えて、確認テスト
93分間スピーチ、話し言葉と書き言葉
103分間スピーチ、文の組み立て
113分間スピーチ、文章を要約する
123分間スピーチ、Eメールを書く
133分間スピーチ、文章を書く①(論作文の注意事項)
143分間スピーチ、文章を書く②(主題文)
15これまでの授業のまとめ、アチーブメントテスト
16定期試験


【リンク】


-リンクは登録されていません-