名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
1限基礎英語2秋A名古屋 11城野 博志AJ1103

【授業情報】

表示する



講義概要

1.「北米の文化・習慣」に関する本文とダイアログを読んだり聞いたりすることを通して、高校までに学んだ「知識」としての英語を「使える」英語に深化させます。実際のコミュニケ―ンの場で役立つ正しい会話力を習得するために、その基本となる文法と語彙を繰り返しながら学びますので、知らず知らずのうちに文法の基礎が固まり、語彙数が増えます。
2.1)辞書は使わない 2)分からないところは飛ばす 3)つまらなくなったらやめる の3原則を守りながら多読を行い、「読む力」を伸ばします
3.ポップスのヒット曲を聴いたりスクリーン・イングリッシュを見聞きしながら、英語特有の音声変化やリズムに慣れ親しみ、リスニングの力を伸ばします。




【学習到達目標】

1.高校までに学んだ「知識」としての英語を「使える」英語へと深化・発展させる
2.英会話の基礎となる語彙力と文法力を高める
3.リスニング・リーディングの力を伸ばす




履修上の注意

1.講義中の私語・携帯電話の使用・飲食・無断退出は厳禁
2.遅刻は減点の対象となり遅刻3回で1回の欠席とする(単位習得には3分の2以上の出席が必要)
3.欠席などは事前にCCS経由で連絡
4.受講者は指定教材を購入し、毎回授業に持参。その他、補助教材(ハンドアウト)を適宜配布するので、ファイルに保管し、毎回の授業に持参
5.辞書(電子辞書可)を授業に持参
6.ペアワークやグループワークは評価対象となりますので積極的に参加しよう



【事前準備学習】

1.事前にテキストに目を通す
2.授業中に完成できなかった課題は次回の授業までに完成し提出




【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『English Insight』 Mark D. Stafford, Chizuko Tsumatori, Kozue Matsui Cengage Learning 2016
参考書-参考書は、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

1.確認テスト 30%
2.課題到達度 40%
3.授業中のアクティビティーへの参加度 30%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
11: プレテスト & Unit 8 I’m Going To College
22: Unit 8 I’m Going To College
33: Unit 9 Have You Ever Had A Job?
44: Unit 9 Have You Ever Had A Job?
55: Unit 10 She Had Been Great!
66: Unit 10 She Had Been Great!
77: Unit 11 How Is Christmas Celebrated?
88: Unit 11 How Is Christmas Celebrated?
99: Unit 12 Do You Want To Take Some Time Off?
1010: Unit 12 Do You Want To Take Some Time Off?
1111: Unit 13 I Can Drive!
1212: Unit 13 I Can Drive!
1313: Unit 14 Where Would You Like To Go?
1414:Unit 14 Where Would You Like To Go?
1515: アンケート & ポスト・テスト
1616: 定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-