名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限日本語表現上級春A名古屋 21永井 圭司AJ1301

【授業情報】

表示する



講義概要

 大学で学ぶ際に、あるいは社会生活を営む上で、日本語による言語表現は欠かせない。言語表現能力の向上をはかるために、主に文章による表現の基礎を培う科目である。具体的には、レポート・卒業論文などの学術的な文章を書くため、また、来たるべき就職活動や社会人としての活動に備えるための基礎的な内容を学習する。
 名古屋学院大学ディプロマ・ポリシーうち、「知識・技能 1)人間、社会、文化、自然等に関する幅広い知識を身に付けている」及び「思考力・判断力・表現力」の「2)他者に対して、自分の考えを口頭や文章によって的確に伝えることができる」に関連した科目である。



【学習到達目標】

1.社会人に必要な敬語の知識を修得し、状況に合わせた適切な発話や文章作成ができるようにする。
2.適切な表現を用いて、正しく分かりやすい文を書けるようにする。
3.事実と意見、他人の意見と自分の意見を区別し、論理的な文章を書く力を身につける。
4.複数の資料を分析しつつ、正しく引用しながら大学教育で求められるレポート・論文を
  書くことができるようにする。



履修上の注意

①1年次必修「日本語表現」の単位取得後の履修を強く推奨する。同時受講は可能であるが、未受講は認めない。同時受講の場合は、理解度が及ばず、最終レポートを書き上げることができないなどの不利な状況の出来が予想される。
②「日本語検定」2級の合格を目指す場合は、夏期集中講義として開講予定の「日本語表現上級」の登録を推奨する。同名の講義であるため、単位が認定されるのは一方のみである。
③日本語運用能力を高めるためには、主体的な取り組みが大切である。授業には積極的に参加し、疑問点は遠慮せずに質問すること。
④レポート作成時には、個人のノートパソコンを使用するので、持参すること。



【事前準備学習】

前回の授業内容を復習する。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『日本語表現上級』 名古屋学院大学日本語表現部会編 名古屋学院大学 2016年
参考書適宜提示する。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

提出物50%、アピール文20%、レポート30%。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1オリエンテーション
2敬語に強くなる(1)基礎
3敬語に強くなる(2)応用
4メールの達人になる
5文を組み立てる
6語順を整える
7アピール文を書く(分析)
8アピール文を書く(構想)
9アピール文を書く(執筆)
10資料を集める・論証する(含図書館ガイダンス)
11引用して意見を述べる
12レポートを書く(議論)
13レポートを書く(構想)
14レポートを書く(執筆)
15レポートを書く(推敲)
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-