名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
3限生物学春A名古屋 21齊藤 久美子AX1337

【授業情報】

表示する



講義概要

生物学のテーマには膨大なものがあり、また近年の生物学、生命科学分野の科学技術は驚異的な速度で発展している。ヒトとは何かという根源的なテーマはもちろん、今後の医療技術の進展が私たちにもたらす未来、生命科学技術をめぐる倫理的な問題など、私たちの生活に身近にかかわる様々な問題に適切に対処するためには、今後は理系・文系の別を問わず、生物学および生命科学の現状を一般の人々も理解するために、正確な知識と科学的なものの見方、考え方を身につける必要がある。
ただし、限られた講義回数でその全てに追いつき、教えきることは困難である。そこで、生物学の基礎的な知識はもちろんのこと、将来の人生設計のためにも是非知っておかなければならないと考えられる事項、これから医療技術に寄与し多くの人の人生に関わるかもしれない重要なテーマをなるべく優先的に選び、10回までの講義内容とする。
11回からの4回は、学生がグループで自由に生物学、生命科学に関する好きなテーマについて選び、発表を行う。10回までの講義で教わったことは生物学のほんの一部に過ぎず、ある意味ではここからが本当の勉強の始まりである。学生自らが、自力で最先端の科学技術、正確な知識を調べる方法を身につけ、その内容を深く理解するばかりでなく、積極的に調べた内容について発表を行い仲間と一緒に問題点を考え、活発に議論や討論を行うことができるまでに到達することを目標としている。



【学習到達目標】

・生命とはなにか、ヒトとは何かについて考える.
・生命科学分野、医療技術の発展が私たちにもたらす未来はどのようなものか、そして私たちはどのように対応していくのかという問題について考える.
・ヒトはヒトだけでは成り立たず、他の生物と共存して初めて生きていける存在である.生物の多様性、共存と調和についても考える.



履修上の注意

・講義には、必ず毎回出席すること。
・レポートを提出してもらうことがあるので、講義の内容をよく聞いて重要な部分はしっかりとメモをとること。
・学生による調査、発表および討論の回は、特に積極的な参加を期待する。



【事前準備学習】

事前学習
シラバスを読んで次回の講義内容をある程度予習し、わからない専門用語があれば予め意味を調べておくこと。

事後学習
講義終了後は学生発表の回があるので、興味を持ったテーマについて良く研究し、グループ内で積極的な議論を行ってほしい。
他のグループの発表についても質問したり意見を述べたりする時間を設ける。
さらにフィードバックを行い、各自レポートを作成し提出する。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書教科書は特に定めないが、キャンベル生物学、エッセンシャル生物学、ケイン生物学、ジョンソン生物学、アメリカ大学生物学の教科書(ブルーバックス)、あるいは細胞の分子生物学molecular biology of the Cell、といった教科書がたくさんあるので、是非いろいろな書籍を読んで各自の理解度に合ったものを探してほしい。
参考書教科書、参考書は特に定めないが、図書館にある生物学関連の書籍を一つだけでなくいろいろ読んでください。すでに基礎的な生物学、生命科学の知識があり、英語などの語学に自信のある人は、講義である程度の知識をつけた後、自分が興味をもったテーマについて海外専門誌の原著論文に是非挑戦してほしい。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

・評価は試験50%、平常点50%とする。
・平常点は、受講態度、随時提示するレポートの内容とグループでの発表・討論の内容などから総合的に評価する。



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
1生物の生殖―ヒトの妊娠のしくみ、不妊症や不育症の主な原因と検査、一般不妊治療(人工授精など)
2受精―受精と発生の初期過程について.高度不妊治療(体外受精・顕微授精)の実際
3分化、発生―生命の個の成り立ち
4遺伝子と遺伝子の発現―生命の設計図であるゲノム、遺伝子、DNA
5染色体異常―染色体の数や構造の異常に起因する主な疾患について.
6ホメオスタシス―恒常性の維持というしくみ. 自律神経系、内分泌系(ホルモン分泌)、免疫系
7アポトーシス―プログラムされた細胞死が支える生命現象、免疫系における細胞の生と死
8細胞の老化と生物時計―DNA末端複製問題、テロメアの短縮が定めるヒトや動物の細胞の寿命
9 iPS細胞とは―拒絶反応のない再生医療の切り札 ヒトES細胞やヒトクローン胚との違いについて.
10生物毒―有毒植物、毒をもつ生物の謎に迫る.
11学生による調査(グループごとの討議、調査、テーマ決定)
12学生による発表①(全体での発表)
13学生による発表②(発表に対する質疑応答など)
14学生による調査③(全体での討論、ふりかえり)
15まとめ
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-