名古屋学院大学シラバス


                シラバス

シラバス 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
1限スペイン語2秋A名古屋 12重松 由美AJ2220

【授業情報】

表示する



講義概要

スペイン語は、世界の数億人が日常的に使っている言語であり、スペイン以外にも中南米などで話されている国際語です。海外では、その実用性の高さから、スペイン語教育が急速に発展しています。
日本には約5万人の中南米出身者が住んでおり、ここ東海地方には多くの集住地域があることから、教育や医療分野でのスペイン語習得に対する関心は高まっています。「スペイン語2」は、スペイン語の基礎を習得するクラスであり、スペイン語の発音に慣れ、現在時制を用いた基本的な自己表現ができるようになることを目的とします。



【学習到達目標】

スペイン語の発音と基礎的な文法事項(直説法現在不規則活用)を学ぶことを目的とします。特に口頭での練習問題を繰り返し行い、基礎的な会話力を身に付けていく予定です。



履修上の注意

理解できない点は、授業中に積極的に質問してください。
ペアーワークには積極的に参加してください。
宿題は必ずやってきてください。



【事前準備学習】

次回の授業に出てくる単語の意味を調べておくこと。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
教科書『やあ、元気?』 辻󠄀本千栄子 朝日出版社 2010
参考書『ポケットプログレッシブ 西和・和西辞典』 高垣敏博 小学館 2003
『プログレッシブスペイン語辞典』 鼓直 小学館 1999
電子辞書も使用できます。
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

評価方法

期末テスト60%、中間テスト20%、平常点20%



【講義テーマ】

回数テーマテーマURL
16課 時刻表現
26課 日付表現、指示形容詞
36課 口頭練習「買い物をしてみよう」
47課 動詞estar(所在)
57課 動詞estar(一時的な状態)
67課 hay(存在)、hayとestarの使い分け
77課 口頭練習「場所を聞いてみよう」
88課 動詞querer「~が欲しい」「~したい」
98課 動詞querer(依頼)
108課 口頭練習「将来のことを語ってみよう」
119課 動詞poder(許可)(依頼)
129課 口頭練習「許可の取り方と返答の仕方」
1310課 動詞tener「~を持つ」
1410課 動詞tener que(義務)
1510課 口頭表現「いくつ持っているかを質問してみよう」
16定期試験期間


【リンク】


-リンクは登録されていません-