名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限専門基礎演習通年名古屋 42十名 直喜GD2101
2限専門基礎演習通年名古屋 42十名 直喜GD2101

【授業情報】

表示する



主題

主題 : 衣・食・住からみた日本の産業・文化
      ― 江戸・東京400年の時の旅を楽しみつつ学ぶ ―



指導方針概要

 人々の生活・文化は、この400年間にどのように変化し、現在に至っているのか。住まいや街並み、食文化、女性のオシャレ、遊び、出版、裁判制度などを中心に、まずは江戸にタイムスリップしてじっくりと学びたい。
 江戸では、今日にみる日本の生活文化の基本型がつくり出された。東京へと転じ、明治・昭和へとどう変化してきたのか。そのような400年にまたがる時の旅を楽しみつつ、産業・生活・文化について一緒に考えていきたい.

 春学期は、テキスト(『400年の時の旅 江戸東京博物館』)を軸にして、巨大都市に息づく人々の生き様、働きざま、その歴史的変化をたどりつつ、日本の産業と文化について理解を深める。
 報告資料の書き方、発表の仕方、討論の進め方など、社会に出ても不可欠な基本的スキルを、体得し磨いていく。

 秋学期には、各位が選んだ研究テーマに基づく自由な研究、それに基づく論文づくりに挑戦する。2年次に論文作成の要領とコツを体得するように指導したい。

 また、春・秋学期を通して、毎回、3分間スピーチを考えている。毎回、数人に、趣味や面白い体験、アルバイトや下宿生活、恋愛の悩みなどを自由に語ってもらう。語りと質疑応答を通して、ゼミ生相互の理解と交流を深め、議論のコツもつかんでもらう。

 報告者の発表に基づき、活発に議論できるようにしたい。楽しく和気あいあいとした雰囲気の中で、議論を楽しみ、社会的・経済的な問題意識を掘り起こす。
 ゼミには積極的に参加し、上記の課題に関心をもち、楽しく盛り上げていくような学生を求む。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキスト『400年の時の旅 江戸東京博物館』 山本博文 小学館 2003年
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

楽しい雰囲気を演出し、活発に議論し、ともに学び合う等、積極的に参加する学生を望む。



【リンク】


-リンクは登録されていません-