名古屋学院大学シラバス


                シラバス

演習指導概要 詳細

【時間割】

学期曜日時限科目名開講期キャンパスペア単位年次教員名科目ナンバー
2限専門基礎演習通年名古屋 42川村 隆子GD2101
2限専門基礎演習通年名古屋 42川村 隆子GD2101

【授業情報】

表示する



主題

身体障害者補助犬について研究します。

動物は私たちの生活において、様々な面で活躍しています。
例えば、ペットは私たちの心を和ませてくたり、一人暮らしの人を励ましたり、また警察犬や麻薬探知犬などは人間では限界である嗅覚を用いて様々な仕事をこなし、私たちの生活を支えてくれています。
そのような動物の中には、身体障害者補助犬と呼ばれる動物(犬)がいます。身体障害者補助犬は盲導犬、聴導犬、介助犬のことを指し、障害者の生活に大きな役割を担っています。
その一方で、社会や街の中での補助犬の受け入れについては多くの問題を抱えています。
この演習では、やさしい街づくりの一環として身体障害者補助犬とその社会の受け入れについて研究していきたいと思います。
動物の嫌いな人も、好きな人も、このテーマに興味があれば、誰でもゼミに参加できます。



指導方針概要

身体障害者補助犬に理解と知識を深めるため、
1、身体障害者補助犬と身体障害者補助犬法について学びます。
2、補助犬が関わる問題点について議論します。
3、名古屋市や大学周辺地域、大学内において、補助犬を誰もが安心して受け入れられる、やさしい街づくり、環境づくりをするための提案を考えます。

機会があれば、学外の補助犬訓練センターなどを訪問し、実際に補助犬の状況に触れ
理解を深めたいと思います。
(2016年度は中部盲導犬センターへ見学へ出かけました。)

有意義な演習にするためには、皆さんの活発な議論が大切です。
このゼミでは、身体障害者補助犬はもちろん、犬や動物に興味がある人、テーマに興味のある人で、
積極的に議論に参加し自らが「考え」や「意見を持つことができる」ならば、誰でも演習に参加できます。

演習では、障害者の人も安心して補助犬とともに社会生活が送れる環境・街づくりを提案してみたいと思います。



【教材】

※指定図書は担当教員が、学生が必読すべきものとして指定する図書のことです。
  図書は図書館に置いてあり、1週間借りることができます。(一部貸出不可の図書もあります。)
テキスト-テキストは、登録されていません。-
指定図書-指定図書は、登録されていません。-

学生に対する希望事項

・ 動物に興味がある方もそうでない方も、補助犬の世界に興味がある方大歓迎です。
・ 責任をもって演習に参加ができる人を募集します。(無断欠席厳禁です)




【リンク】


-リンクは登録されていません-